way to Go! みわっち☆

楽しく完走&タイムも目指す
&日々の記録

優 vs 正

先日見た映画〝恋妻家 宮本〟の中で主人公阿部寛が生徒から、


〝先生は冷たいよね。正しいけど

優しくない!〟


と言われる。



その言葉に自分も思い当たる節が…

で、時々上のセリフを反芻~


私もそんな風になってないか?



仕事人として、

妻として、

母として、



正しい事は大切。

でもそこに〝優しさ〟という視点が欠けたら?



正しさvs正しさでは解決しない事も多々あるんだよなぁ〜と実感。






ー✂︎ー✂︎ー✂︎




例えば。診察室で〝何時間待たせるんだよ!お前ら医者は良い商売だよな〜、たく。さっさと薬だせよ。〟等と延々と暴言を吐く人が例えばだけど先週居たとして、



自分達が患者の立場だったら?

逆に医者の立場だったなら?


とお互いが相手の立場になる想像力を持つ優しさがあったら、、何か打つ手はなかったのか?に繋がるのかなとか~





例えば。昨夜は昨日に引き続き娘の進路で右往左往…

外国語学部を希望すれど全く勉強する兆しのない娘に〝食べる事好きなんだから管理栄養士とかどうよ?〟と進路変更を打診。〝それはママの希望でしょ!〟なんて声を荒げる娘に、確かに私の正しいと考える道を押しつけるのは違うし、ましてや言い争うのが目的でも無いわけで〜と気持ち改め、

〝じゃあ。英語の勉強をして将来何をしたいの?〟と昨日と同じ質問をするとー、


〝恥ずかしくて昨日は言えなかったんけど〜〟

と前置きし娘の夢を納得出来る形で教えてくれたり。





例えば。昨夜急に寒気と咽頭痛を訴える私に何故か何一つ労いの言葉もなく、さっさと先に寝る夫。。



にはプンスカした…

だって優しくなくないか?


いやいや、あいつもオッさん。仕事して疲れてんだろう…と想像。やっぱり朝は何時もの夫に戻り颯爽と走りに行きやがった〜


そういう時は本人にぶつかるより〝パパってさ〜本当◯◯だよねー??〟と娘と散々悪口を言いあい&遠赤外線が出てると思われる息子にびたっとくっつき精神安定を図るのが一番( ̄▽ ̄)




とにかく…少しだけ〝優しさ〟を自分の人生に取り入れられたらなぁという

話し。





ー✂︎ー✂︎ー




息子曰くー






私のイメージはコレだそうで。





又はコタツに入って〝あれ取れ〟〝宿題しろ〟とよく命令するから最近は


〝こたつ司令官〟


とも呼ばれている。



明日には風邪回復したい…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。